音符の符頭を書きます
1小節目

ちょうちょの楽譜、一番上の五線を眺めてみましょう。4つに区分けされていますが、一番左の部分に注目すると、2つの黒い符頭と、1つの白い符頭が収まっています。

まずは、上第1間に印刷されている、最初の符頭を書きましょう。符頭の左端が、拍線とちょうど接するように、ゆっくり手を動かしていきます。

それから、第4間にある、一つ右の符頭も続けて書きましょう。拍線に接するよう丁寧に書きます。

1小節目の最後の白い符頭も書いていきます。

4つめの拍線には符頭は書きません。そのままにして次の小節に移ります。

2小節目〜

音符の符頭を五線上に置く練習は、すでに前編でマスターできています。水平方向の位置は拍線がガイドとなっているので、楽に書けるのではないでしょうか。

事前に拍線を引いて、音符を書く準備をしておけば、時間もかかりませんし、難しく感じることもありません。

このまま最後の符頭まで、書き進めていってください。

←前の記事に戻る ↑記事の上に戻る 次の記事へ進む⇒
     
ホームに戻る    
しおりとしてお使いください。
(ブラウザーのお気に入り・ブックマーク)