音符の符幹を書きます

ちょうちょの符頭が書けたら、それぞれの符頭に下向きの符幹をつけましょう。

符頭の左端にペン先を合わせ、下向きにまっすぐ動かしていきます。

すべて下向きなので、拍線をなぞるような感じで、伸ばしていけば、楽に書けるでしょう。

できるだけまっすぐ、長さは 3間 を目安に、しっかり縦棒を書きます。(少しは歪んでいたほうが、人間味があります。)

ここまで、音楽記号を五線紙にレイアウトすることができました。ちょうちょの楽譜は、ほぼ完成しています。

最後に、楽譜の仕上げに入ります。

←前の記事に戻る ↑記事の上に戻る 次の記事へ進む⇒
     
ホームに戻る    
しおりとしてお使いください。
(ブラウザーのお気に入り・ブックマーク)