作曲家の名前を書きましょう

作曲家の名前は、五線紙の一番上の段の五線、
その右上に書くのが普通です。

名前の右端と、五線の右端が揃い、五線からあまり離れない
ような位置に書けると、楽譜がきれいに見えるはずです。

五線の高さの半分以上空いてしまうと、
間が抜けて見えてしまいます。

今回の楽譜は、スペイン民謡であり、個人名ではありませんが、
書く位置は同じです。

右上に
スペイン民謡
と書きましょう。

春の小川の楽譜のように、
歌詞がついているときは、

作詞 ○○ ○○
作曲 ○○ ○○

というように、2行に分けて書きます。

←前の記事に戻る ↑記事の上に戻る 次の記事へ進む⇒
     
ホームに戻る    
しおりとしてお使いください。
(ブラウザーのお気に入り・ブックマーク)