小節線と終止線を書きましょう

まずは、上の段の小節線を写しましょう。

4分の4拍子の右端に接するように点線を引きましょう。

引き方は、前回の点線と同じです。

1:五線の右端に、垂直線を引きます。
2:先ほど引いた点線と、右端の五線の中央に、垂直線を引きます。
3:中央の小節線によって、2つに領域が分けられますが、
その左の部分の中央にまた垂直線をひきましょう。
4:右の部分の中央にも垂直線をひきます。

最初のうちはうまく中央に垂直線が引けないかもしれません。
書いていくうちに慣れてきますので、
偏ってしまっても 気にしないようにします。

(このホームページでは、道具をあまり使わずに、
フリーハンドによる楽譜の書き方を説明しています。
五線紙を折ったり、定規を使って、
正確に引く方法もあります。)

1段目の小節線が、引けましたでしょうか。


2段目、3段目に進みましょう。
2、3段目は、ト音記号の右端に、点線を縦に引きます。
それから、五線の右端に小節線を引きます。
後は、1段目と同じです。

4段目も、2,3段目と同じような引き方で問題ありません。
右端は、小節線でなく、終止線なので、
すでに引いてある、右端の垂直線は、上書きするように
太くして、できあがった太線の左に、1間くらいあけて、
垂直線を引きましょう。
←前の記事に戻る ↑記事の上に戻る 次の記事へ進む⇒
     
ホームに戻る    
しおりとしてお使いください。
(ブラウザーのお気に入り・ブックマーク)