拍線について

音符を五線紙に1つ書くだけでも、

@音符の五線上の位置
→符頭をどの線、どの間に書くか
A音符の水平方向の位置
→符頭は小節の中のどこに書くのがふさわしいか
B音符の符幹の長さ
→符頭からどのくらい伸ばすか
C音符の間隔
→隣の音符とどのくらい離すと間隔がきれいにとれるか

など、少なくとも4つのことを同時に考えなければなりません。

これらは、はじめて楽譜を書く方にとって大変な負担になるようです。
同時に考える数を減らすため、音符を書く前に 拍線(はくせん) 
を引いてもらいます。

拍線は音符を等間隔に揃えるための補助線です。これにより、

A音符の水平方向の位置
C音符の間隔

を考えずに済み、音符を楽に書けるでしょう。

拍線は音楽記号ではなく、このホームページでのみ使っていく縦線で、音符を等間隔に並べるコツをつかんだら、忘れてしまって結構です。

←前の記事に戻る ↑記事の上に戻る 次の記事へ進む⇒
     
ホームに戻る    
しおりとしてお使いください。
(ブラウザーのお気に入り・ブックマーク)