拍線を書きましょう

音符を書く前に準備する拍線は、小節線の引き方とほぼ同じですから、比較的楽に書けるでしょう。

最初の小節に、拍線を引いてみましょう。

Step1:4分の4拍子の右に1間あけて点線を書く

4分の4拍子の右端に、小節線を引くための点線を書きました。

この点線の少し右に、1間くらい空けて点線を描きます。(@)

Step2:小節を2つに区切る点線を書く

次に、この点線と右の小節線の中央に、点線を上から下に薄く引きます。(A)

Step3:左右それぞれの領域を、さらに2つに分ける

それから、Aの点線によって分けられた、左右の領域の中心に、さらに点線をひきましょう。(BとC)

Step1、2、3によって、1小節目が4つの領域に分けられました。

これらの点線@ABCが、拍線となります。

←前の記事に戻る ↑記事の上に戻る 次の記事へ進む⇒
     
ホームに戻る    
しおりとしてお使いください。
(ブラウザーのお気に入り・ブックマーク)