一部を段で指定する
特定の段の指定

特定の1段だけを指定するには、

1段目(いち だん め)
2段目(に  だん め)
3段目(さん だん め)
4段目(よん だん め)

上から数えた段の数に、目(め)をつけて、
指定することが多いです。

段の範囲を指定する

3段目、4段目の2つの段を、指定する場合は、

・3段目 から 2段
・3段目 と 4段目
・3段目 から 4段目

という言い方をします。どれも指している段は同じです。

指定された段の音符を読む

2段目の音名を読みなさい といわれた時は、2段目の左端から、音符を読み上げていくことになります。

楽譜全体の中の一部分を 段 で指示されたときも、迷わずに読めるようにしてください。

←前の記事に戻る ↑記事の上に戻る 次の記事へ進む⇒
     
ホームに戻る    
しおりとしてお使いください。
(ブラウザーのお気に入り・ブックマーク)