段の数え方、数、総数

楽譜の一部を指し示すときに、数字を利用します。文章の行と同じように数え方があります。

段の数え方と数

ちょうちょの楽譜をご覧ください。段がいくつか確認できるはずです。

上から下へ、段を数えましょう。1段,2段,3段,4段。このとき、各々の数字を、

段の数

といいます。

段の総数

また、4つの段をまとめて、

のようないい方をします。

←前の記事に戻る ↑記事の上に戻る 次の記事へ進む⇒
     
ホームに戻る    
しおりとしてお使いください。
(ブラウザーのお気に入り・ブックマーク)