七つの名前

音には名前がついています。その数は7つです。1つ1つ確認し、それぞれの名前になじんでいきます。

音の名前は七つ

ド ファ ソ レ ラ ミ シ
これらは、日本人なら誰もが知っている、音の名前ではないでしょうか。音名(おんめい)と呼び、数はたった七つです。ひらがなや、アルファベットなどの文字数よりはるかに少なく、この七つの音名を工夫して並べ、組み合わせ、時には前後に修飾記号を加え、音楽作品を構成しています。

音名に慣れる

これらカタカナの音名は、楽譜や音符を読むときに必ず使われます。ご存じない方は、覚えようとしないで、サウンド・オブ・ミュージックの「ドレミの歌」を聴いてみましょう。(サウンド・トラックではなく、映画のDVDをおすすめします。)ドレミの歌を聴いた後は、頭の中が、ド ソ レ ファ シ ミ ラ で一杯になるはずです♪

←前の記事に戻る ↑記事の上に戻る 次の記事へ進む⇒
     
ホームに戻る    
しおりとしてお使いください。
(ブラウザーのお気に入り・ブックマーク)