拍の指定

楽譜の段を、小節というより小さな単位で分け、指定することができますが、 さらに細かく 拍(はく) という単位でわけることができます。

時間上に方眼紙の罫線が引いてあるものと仮定します。 罫線は等間隔に並び、複数個でまとまり、少し太い線となります。 音楽では、この罫線が 拍 で、太い線は 小節 です。 これを紙(楽譜)に表すと、罫線は拍線となり、太い線は小節線となります。

(少し無機質な感じがしますが、本当は、もっと人間臭く、アバウトなものです。)

中編にて、それぞれの小節に拍線を引きました。この拍線が、拍の単位と対応しています。

拍の数

ちょうちょの楽譜では拍線の数は4つですが、作品によって拍の数は変わります。

ちょうちょの拍の数は、4つです。
ちょうちょの拍は、4拍(よんはく)です。

という、いい方をします。

拍の指定

特定の拍を指定するときは、各小節の左の拍線から数えます。

1拍目(いっ ぱく め)
2拍目(に  はく め)
3拍目(さん はく め)(さん ぱく め)
4拍目(よん はく め)

と指定します。

数字のかな読みによって、はく となったり、ぱく となったりしますが、普通に日本人として読んでいれば、特に問題ありません。

←前の記事に戻る ↑記事の上に戻る 次の記事へ進む⇒
     
ホームに戻る    
しおりとしてお使いください。
(ブラウザーのお気に入り・ブックマーク)