符頭を五線の線に書く

符頭が五線の間に書けるようになったら、次は線の上へ並べる練習をします。プリントの右半分に印刷されている5つの符頭を使います。

ダウンロード


符頭の上端と下端を、それぞれの間の中央となるよう、書いていきます。おそらく、符頭を書き始める位置を決めることが、難しいかもしれません。 間の中央に、点線の補助線を引いても良いです。補助の符頭をなぞりながら、感覚をつかんでください。

符頭を線に書くときに、間違う例をいくつか挙げます。


@間に書いているのか、線の上に書いているのかわかりません。
→符頭の下端を、第1線から離し、第1線と第2線の中央にします。
→符頭の高さは、1間分です。

A間に書いているのか、線の上に書いているのかわかりません。
→符頭の上端を、第3線から離し、第2線と第3線の中央にします。
→符頭の高さは、1間分です。

B符頭の形が、横長になっています。
→符頭の形は、楕円に近い形となります。

ここまで、五線の線上に並ぶ符頭を、なぞった後、補助なしにご自分で書いてみてください。

五線の間と線に、きちんと符頭を書くことができると、音符の書き方の基本をマスターしたことになります。そして、楽譜の読み取りも正確になっていくことでしょう。

←前の記事に戻る ↑記事の上に戻る 次の記事へ進む→
     
ホームに戻る    
しおりとしてお使いください。
(ブラウザーのお気に入り・ブックマーク)