4分の4拍子を五線紙に書く



五線には、第1間、第2間、第3間、第4間、4つの 間 が下から上へ、縦に並んでいます。拍子記号は、下の2つの間、すなわち第1間、第2間に、分母を書きます。上の2つの間、第3間、第4間に分子を書きます。

ト音記号の記事で使った、プリントの3・4段目に、4分の4拍子を書いていきます。まだ、用意できていないときは、ダウンロードして印刷してください。

ダウンロード

まずは、なぞることからはじめましょう。

  1. 分母の 4 を 下の2間 に、大きく書きます。
  2. 第3線 に、区切りの横線を、左から右へ引きます。
  3. 分子の 4 を 上の2間 に、大きく書きます。

数字は五線からはみ出るくらいに、大きくかきましょう。そして、区切りの横線は太くなっていますが、手書きでは左から右へ、一回線を引くだけです。(ここでは、数字の並びが安定するため横線を使っておりますが、一般的には、この横線は使いません。)

数字 4 が縦に揃っていること、小さすぎず、存在感があること。これらを念頭において書きましょう。

よく用いられる拍子記号は、分数を使わずに、数字一つで表すことも、C という記号を使うこともあります。区切り線を斜めにしたり、五線の左上に大きく印刷されることもあります。ト音記号のように、固定した書き方はありません。

←前の記事に戻る ↑記事の上に戻る 次の記事へ進む⇒
     
ホームに戻る    
しおりとしてお使いください。
(ブラウザーのお気に入り・ブックマーク)