後編のマスター条件

楽譜の読み方に関する内容は、ここまでです。音名の読み方が、後編の大きな山となります。符頭の位置から音名を読み上げるという、単純な練習が多かったはずです。ほとんどの楽譜は、符頭の周囲に音楽記号がくっついていて、それらに惑わされることがあります。後編をマスターすることで、正確に読み上げることができるでしょう。

マスター条件

このホームページでは、ちょうちょの楽譜を眺めた後、

・題名(曲名)
・作曲者、作詞者
・すべての音名
・すべての音符
・段の数
・小節の数
・拍の数
・指定された段、小節、拍の音名、および音符

を躊躇せずに口で言うことができたなら、マスターしたとみなすことにします。

練習の方法

音名を符頭の上に書き、スラスラと読めるまで繰り返しましょう。 パソコンのプリンタを活用して、何回も練習してください。

「一曲(ちょうちょ)を完全にマスターする」

という意気込みで、しかし

「一回、一日で速やかにマスターしないように」

練習をしてください。(身につかないため)

読み方がマスターできると

ここで使ったちょうちょの楽譜は、基本的な音楽記号だけでできています。この一曲だけでも完全にマスターできれば、かんたんな譜面は読めるようになるでしょう。

小型で安価なキーボードを使い、鍵盤の音名を覚えれば、メロディーを演奏できるようにもなります。

7つの音楽記号以外にも、いろいろな形、機能を持った記号が多くありますが、これらは付随的、臨時的、装飾的、拡張的な記号として捉え、楽典の書籍や、音楽辞典をくくり、その都度理解します。

このページでも寄り道的な記事を少しずつ紹介していきます。

←前の記事に戻る ↑記事の上に戻る 次の記事へ進む⇒
     
ホームに戻る    
しおりとしてお使いください。
(ブラウザーのお気に入り・ブックマーク)